鉄旅&登山 と日々の出来事・・・

高校生がスマホ1つで書いていきます。

北アルプス 奥穂高岳登山 【後編】

前編では上高地~涸沢ヒュッテの様子をお伝えしました。まだ御覧でない方は→https://zawa3180m.hatenablog.com/entry/2018/09/29/182328

3日目

3日目は涸沢ヒュッテからザイテングラートを経由して、奥穂高岳へ。登頂後、ザイテングラートを下って、途中からパノラマコースを使ってテント場に戻ってくる行程。

起床時間は4時。

 

まだまだ静かな涸沢ヒュッテです。 f:id:zawa3180m:20180929183837j:image

明るくなってきました。

今日登る奥穂高岳はガスで隠れています。f:id:zawa3180m:20180929183952j:image

涸沢ヒュッテを6時20分にスタート。

アタックザックで軽々。

奥穂高岳はまだガスの中。


f:id:zawa3180m:20180929184257j:image

涸沢岳方面。穂高連峰はこの日、全体的にガスに覆われていました。 


f:id:zawa3180m:20180929184432j:image

ザイテングラート取付部に到着。7時20分。

ここから先、ザイテングラートは毎年、死亡事故が多発している場所です。


f:id:zawa3180m:20180929185234j:image

しっかり登れば上からの落石以外は危険はそれほどありませんが、両側が断崖絶壁のようになっており、滑落なんてしたら……

なので、ヘルメットを使用します。


f:id:zawa3180m:20180929185207j:image

高度感も多少ありますが、慎重に歩けば大丈夫。

(鎖場が初めての人や、高所恐怖症の人は怖さで動けなる可能性アリ) 

3点支持を習得していれば安全に通過できます。
f:id:zawa3180m:20180929185625j:image

両手を使って登っていきます。

その後、穂高岳山荘に8時53分到着。

やはり周囲はがスっていて何も見えません。

晴れていたら綺麗な景色が見れるのに……

でも、このガスのおかげで、高度感や恐怖感が軽減されていたのは事実です。


f:id:zawa3180m:20180929190002j:image

穂高岳山荘にもホットカルピスが売っていました。去年の槍ヶ岳直下の殺生ヒュッテでも

ホットカルピスを飲みました。宣伝文句は、

<初恋の味>……うーん、おばさま山ガール達には分かるのかな?その感覚。僕には分かりません。人生経験が足りないのでしょう。

ホットカルピスが飲みたい気分ですが、

さっさと穂高岳山頂に向かいます。

ここから先は危ないので写真は撮りませんでした。

f:id:zawa3180m:20180929190653j:image

10時15分、

奥穂高岳山頂(3190m)登頂!!

この標高は北アルプス最高峰。

槍ヶ岳よりも高い場所。。。

でも、天気悪すぎます。雨が降ってます。

寒いです。

天気の回復を期待して、1時間も山頂に留まりましたが回復せず。。

穂高岳山荘方面へ下山しました。



f:id:zawa3180m:20180929192856j:image
その後は無事に涸沢ヒュッテまでたどり着きました。

涸沢ヒュッテでは、あの有名山雑誌

山と渓谷の取材を受けました。来年の雑誌作りをしているそう。

掲載されるかは来年のお楽しみ。

夏合宿の残り2日間(下山)(実質的に1日間)も

充実した内容だった。

テントの中での仲間との会話、

顧問の先生と学校では話せない話をしたり……

夜の散歩をしたり……楽しかったです。

最終日の寂しさが何とも言えない。

来年の北アルプスは行けないと思う。

仲間と最後の北アルプス。さよなら。

大人になってから、穂高の稜線に挑戦したい

 

本当はもっと記事を書くべきだけど、

あまり字数が多くても

鬱陶しいのでここでおわり。

以上、台風の影響で登山大会が中止になって怒り狂った高校生が、土合駅の階段を滑落しながらお伝えしました。